駐車場

2014.8.19|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

自動車を購入するには購入費用が必要ですが、保管場所がなければ購入することができない仕組みがあります。普通車は全ての車で車庫証明が必要ですし、地域によっては軽自動車でも必要な場合があります。一部の村では車庫証明が不要となるケースもありますが、原則として普通車以上は全て必要となります。ですから、車庫証明が取得できる保管場所がなければ自動車を購入することができないのです。保管場所は自宅からの直線距離で2キロメートルを超えない範囲であれば許可がおりますので、自宅以外の場所を指定しても良いことになります。しかし、賃貸駐車場で車庫証明を取得するには、不動産業者などの管理会社か土地の所有者から保管場所使用承諾書への記入押印が必要となります。保管場所使用承諾書への記名押印を断る土地所有者もいますので、簡単には車庫証明が取得できない場合があります。退去時には車庫証明を抹消する必要がありますが、抹消せずにいる場合があるためトラブルが多くなっているのです。ですから、中には承諾しない大家がいることも把握しておく必要があります。ほとんどが不動産業者などの管理会社に依頼しますので、スムーズに手続きが進むことが多くなります。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。