就活

2014.8.19|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

就活での自動車免許の必要性について考えてみます。
自動車運転が切り離せない仕事の場合は、必要条件です。たとえば、運送業は当たり前です。運送を伴う仕事、たとえば宅配便とか、仕出し弁当などでも、担当によっては運転業務はないということはありますが、急な必要性から運転業務を行う可能性があるわけですから、準必要条件と言えるでしょう。
また、直接運送を伴わない仕事でも、不慮のことから運転しなくてはならないことが発生する可能性があります。たとえば、コンビニ、ドラッグストア、ファーストフード、本屋、その他コンシューマ向けの仕事は、お客様が具合が悪くなった、急な受け取り、お届けなど急な発生が起こることもあります。
これらを除けば、社員が運転免許を持っていなくても支障はきたさないということになりそうです。
でも、証券会社や銀行、メーカー、出版など、様々な仕事がありますが、車と無縁の仕事はほとんどないと言ってもいいでしょう。
だから、仕事につくときには運転免許は取得しておくのが賢明です。
もちろん、車を運転できないと仕事ができない世の中ではありませんが、できるといろいろ可能性が広がるということなのです。
それに、今は、資格・免許蘭が空白の人を見つけのが、難しい時代ですから、取得していない理由をきちんとしておかないと思わぬ苦戦を招くことになりかねません。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。