通学

2014.8.19|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

学生が学校に通うときの方法としては、さまざまな方法があります。例えば、自宅から学校が近いという人は、徒歩で登校することができます。徒歩で通うには時間がかかりすぎるという場合には、自転車を利用するという学生もいます。また、自宅が学校から離れているという場合には、公共交通機関を利用する学生が少なくありません。そのようなときには、定期券などを使用して、電車やバスなどを利用する学生がたくさんいます。公共交通機関を利用すると、決められた時間に学校に行くことができるようになります。しかし、夜の遅い時間や、朝の早い時間には、電車やバスを利用することができない場合もめずらしくありません。そのため、学生によっては、公共交通機関を使うことを不便に感じるということもあります。そのようなときには、自動車を利用することができます。自動車を利用すると、学校への行き帰りの時間を心配する必要がありません。朝早くか授業に参加する必要があるときには、自動車があれば心配ありません。また、学校帰りに友達と遊びに行って、帰りが夜遅くなるという場合でも、自動車を運転することができればとても安心です。そのため、通学に自動車を利用する学生は多くいます。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。